水源の森を守る

  
森のお墓・いのちの森 概要
 (商標登録4310763号)

 森をまもり、森にねむり、自然にかえる 

 

 


いのちの森 広葉樹林

  
いのちの森
商標登録第4310763号
平成11年9月3日特許庁長官認証


 

 文部科学大臣認証・自然宗佛國寺の公益事業で

文部科学省から「生命森林基金・いのちの森」として認められています。 

 

 

宗教法人自然宗佛國寺 規則


第4章(公益事業)


第34条 この法人は、次の事業を行う。
    水源山間地の荒廃した山を取得し、

    生きとし生ける一切の生物のいのちが円環する、生態系豊かな森をつくり、
    森にねむり、自然にかえる森のお墓・いのちの森建立事業。

 

 


い の ち の 森

商標登録第4310763号 平成11年9月3日特許庁長官認証


1.事業主体

 

 

  文部科学大臣認証 宗教法人 自然宗佛國寺
  <公益事業>生命森林基金・いのちの森 

2.いのちの森 会員

 

志納してくださった人を「いのちの森 会員」という。

3.いのちの森・樹恩葬

  (商標登録第5602845号平成25年7月26日特許庁長官認証)

 

その日が訪れたら一周忌内に、

 

ご親族か、佛縁者が、

 

 

ご霊骨・ご霊灰を

 

自然宗佛國寺へお連れください。

 

 


樹木の恩、樹木を育て守ってくれた人の御恩に感謝し

 

樹恩葬を厳粛に執り行います。

 

樹木の恩、樹木を育て守ってくれた人の樹木の恩、樹木を育て守ってくれた人の

御恩に感謝し 森をつくり、森にねむり、自然にかえる

 


森林自然葬ですが


一般に行われているような山や海に散骨する 自然葬とは、

 

   その根本の目的が大きくちがいます。

 

 

4.いのちの森・樹恩葬の葬礼方法

 

 

山に切り捨てられる間伐材を活用して作った 

 

杉の木の骨壺「無量寿」

 

遺骨(遺灰)を納めて、

 

森にねむり、自然にかえり、土となり、 

 

次のいのちを育むゆりかご  になります。

 

 

 

 

無量寿(むりょうじゅ)永遠の生命。

永遠の寿命をもつものの意。

 

 

木の骨壺の底

 底の黒い部分は、

木のクルイや乾燥割れを防ぐ はめ木



         霊灰(遺灰)と

土と広葉樹の数種類の種子をまぜて

木の骨壺に納めた後、

 

森にねむり、自然にかえる

 


自然にかえり 土となる 木の骨壺

木の骨壺は、  木の骨壺は、

                雨水を含み割れ、

                微生物によって

                分解され土となり、

                多くの生命を宿し育む「いのちのゆりかご」

                となる。

 

 

割れた木の骨壺の内部。

はめ木も自然にはずれ

朽ちる。



いのちの森 水源涵養広葉樹林
(平成2835日撮影)

 

地中では、

木の骨壺の割れ目から幼樹が根をだし、

だんだん生長して

岩山に網の目のように根を張り 

治山治水を高める。


4.いのちの森 森林構成

 

「いのちの森 森林構成」はこちらから